頭の後退をあらゆる手を使って止める

最近、前髪が後退してきたなと感じるようになりました。オールバックの髪型にしてみると明らかなのですが、普通に下ろしていてもどことなくすかすかしているというか、自然に分け目ができていたりして、明らかに髪の量が減っているのです。

薄毛になっていくタイプは人それぞれだと聞きますが、私の場合は生え際からだったようです。まだM字ハゲがくっきりと現れているわけではないものの、このままではそうなるのも遅くないようば気がしますね。

薄毛になる原因は、一に男性ホルモンが過剰に分泌されているせい、二に血行が悪くなって髪に栄養が行き届いていないせい、三に栄養バランスが整っていないせいといわれていますが、果たして自分はどのタイプなのか全く分かりません。

どれも心当たりがあるようなという感じで、そんな私が薄毛になってしまっているのは当然のことなのかもしれませんね。育毛剤や育毛シャンプーや、髪にいいものを利用していきながら、これからはとにかく頭皮環境の改善に望んでいきたいです。このまま髪が後退し続けることのないように、何としてでも阻止していくつもりでいます。

男性の薄毛と女性の薄毛は原因がちがうみたいです。そういえば、男性はおでこの生え際が後退していく感じで薄くなっていきますが、
女性は後頭部あたりから地肌の見えるのが気になり始めますよね。男性の場合、男性ホルモンが関係しているそうです。AGAという言葉をテレビのCMでも目にします。

女性の場合は生活習慣やストレス、睡眠不足が原因と言われています。これらを改善すれば、薄毛も改善する可能性があるらしいのです。太い血管がこめかみ付近を通っていて、血行が悪くなるとその太い血管より上の部分に血液がいきわたらなくなり、それで頭皮も弱って髪も抜けていく、ということなのだそうです。

たしかに、血行をよくするということは、さまざまな美容法、健康法の根底にあることがらです。脂肪が燃えやすい体になるためにも、冷えを解消して内臓の働きを活発にするためにも、血のめぐりをよくし、体の隅々まで栄養をいきわたらせることが重要です。頭皮の血行をよくする対策のひとつとしては、マッサージがあります。シャンプーのときや育毛剤をつけるときに指先でマッサージをするとよいそうです。